ミルク育児が楽に‼️夜中の授乳なんて怖くない。私は出産前にウォーターサーバーを入れました。

ミルク育児が楽に‼️夜中の授乳なんて怖くない。私は出産前にウォーターサーバーを入れました。

こんにちは、ふわりんです‼️

育児ってこんなに大変なんだあー…。ええそうなんですよー。出産をしたら全員が思うことでございますが

少しでも育児を楽に‼️


これを使ったおかげでプライベートの時間が増えたなーという用品を紹介しています。
今回はウォーターサーバーです。
 
娘生まれたのは、2011年です。
 
ちょうど東日本大震災のあとだったんですね。
 
当時は放射線物質で水道水は良くないと言われていたことやちょうどこれから赤ちゃんを出産するので天然水を使おうと考えていました。
 
最初は良い母乳を出すために、飲み水や料理、お米などに天然水を使おうと思っていました。
 
出産したら水を運ぶのが大変そうだと思い、よく行くショッピングモールでベビーアクアプランという育児キャンペーンをしていたウォーターサーバーがあったので申し込みました。
 
母乳育児をする気満々でしたが、私はびっくりするくらい母乳が出なかったので、90%以上(ほぼ100%だったと思いますが)はミルク育児になってしまいました。
 
結局、ミルク作りで使うことが1番多かったので、毎日毎日3時間に1回の夜中の授乳は、ウォーターサーバーを入れたおかげでミルク作りがとても楽でした。
 

天然水は赤ちゃんには良い水なの?


水にも種類があり、赤ちゃんとって良い天然水があります。
ウォーターサーバーの天然水ならなんでも良いわけではありません‼️


せっかくお金を出すならただの良い水ではなく、赤ちゃんにとって良い水を頼みたいですよね。
 

赤ちゃんに最適な天然水は
・軟水であること
・pH値は7.0に近い弱アルカリ性であること

ウォーターサーバーの天然水にはスポーツに適している水素水、味わい深い硬水、アルカリ性の強い天然水など種類が豊富です。
 
よってベビープラン、ママクラブなど育児中の家庭に良いですよというウォーターサーバーの天然水はミルクを作るのに適している天然水を販売しているということになります。
 
ではくわしく水について解説していきます。
 

赤ちゃんにとっては良い水は?天然水は良いの?

水といえば、水道水、天然水(ミネラルウォーター)がありますが
赤ちゃんの体(胃や腸など)はまだまだ弱いので『軟水』が良いとされています。
 
天然水(ミネラルウォーター)には、『マグネシウム』が豊富に含まれています。
マグネシウムは、便をやわらかくしてくれるため、便秘の予防になる効果があります。
また固くなってしまった便に水分が加わりスムーズに出してくれます。
 
また、天然水を飲むと、尿によって老廃物が排出できるメリットがあります。
 
市販で売っているものやウォーターサーバーで買える天然水は軟水が多いですが、中には硬水という天然水があります。
 
硬水はミネラルは豊富ですが、硬度が高い天然水は刺激が強いので、お腹をこわして下痢の原因になってしまうので、まだ飲まない方が良いので必ず内容を見てから買うのが良いでしょう。
 
水道水はどうかというと、日本の水道水にはトリハロメタンなど塩素や有害な物質が0ではないとされます。
水道水を飲んだからといって、体の調子が悪くなることは少ないかもしれませんが、放射線物質のことも気になるので天然水がベストですね。
 
よって赤ちゃんにとっては、最適な水は硬度が低い軟水の天然水が良いということになります。
 

水のpH値について

pH値は水の中に含まれる水素イオンの値になります。
水が酸性かアルカリ性かによって赤ちゃんの体に影響があります。
 
人の体は70%は水でできていますが、体内はpH7.0以上の『弱アルカリ性』になっています。
 
よって飲料水として最も適したpH値は中性(pH7.0程度)が良いとされていて、赤ちゃんには弱アルカリ性でpH7.0に近い水を選ぶのが良いということになります。
 
ちなみに水道水の基準値はpH5.8〜pH8.6と決められています。
 
ウォーターサーバーの天然水は水道水よりもさらに体に良い弱アルカリ性より(pH7.0〜pH9.0)の水を選んで販売しています。
中にはpH値10.0になるアルカリ性の天然水を販売している会社もあるので、pH値を参考に選ぶのが良いと思います。

加熱処理をしていない方が美味しい天然水?

本当に天然ってことですね‼️


ウォーターサーバーをレンタルしている会社の中には加熱処理をしないで、そのままの天然水を売っている会社があります。
 
一見大丈夫かと思いがちですが、実は天然水は加熱処理をしない方がおいしいそうです。
 
本来天然水に含まれているミネラル分が加熱処理で減ってしまったり、水をおいしくする『溶存酸素』が激変してしまいます。
 

衛生面は?

加熱処理をしているしていないに関わらず、天然水専門店であり必ず『水質検査』と『放射能検査』を行っているので、安全は高く安心して利用ができます。
 

ウォーターサーバーの料金について

いざウォーターサーバーを申し込むとしても天然水の価格やサーバーレンタル料、契約金など気になること解決しましょう。

天然水の価格は?

契約期間や契約内容によりますが、12リットルで1500円〜1800円くらいが相場です。
 
1リットル150円くらいですのでスーパーで買うのとさほど大きくは変わらないですね。
 
毎回スーパーから赤ちゃんを抱っこして、天然水を運ぶよりも数倍良いと思います。
 
重いものはお米と大根だけで十分ですよね。白菜もなかなか強敵ですが…。
 

サーバーレンタル代や月額、配送料は?

サーバーレンタル代や月額が無料な会社を選びましょう。
 
月額がかからないなら気軽に契約してられますね。
 
しかし、サーバーには有料のもあります。
また契約期間外の解約は解約金がある場合があるので注意してください。
 

ウォーターサーバーのキャンペーンはネットよりもショッピングモールが断然お得

私はショッピングモールによく買い物に行くので、必ず業者が来ていました。
 
申し込んだ時は、ベビーアクラプランで
 
サーバー設置料、月額、解約料など全て無料で、最初のお水24リットル無料。
 
さらに12リットル1300円くらいだったので、ネットで見てもなかなか同じ条件の契約内容はありません。(お水代はここ数年で上がったのかもしれませんが…。)
 
妊娠している人だけでなく、幼児がいる家庭でも、出産、育児中のキャンペーンを行っている会社があります。
 
通常料金より安くなったり初期設置サービスが無料になるなど通常よりもかなりお得になります。
 

飲み終わったボトルは?

飲み終わったボトルはペットボトルで家庭用ゴミとして普通に捨てるか、水を配送してもらう時に空箱を回収してもらうか会社によって違いますが、基本的には手間はかからないです。
 

申し込んだらいつ届くの?

初回設置は申込日から1週間から2週間が相場です。
 
さすがにその日からとはいかないですが、2週間くらい先なら予定が立てられますね。
 

ウォーターサーバーのまとめ

これでミルク作りも手間じゃなくなりますね‼️


ウォーターサーバーをまとめましたが、育児のサポートとしても赤ちゃんにとっても良いことばかりでしたね。
 
3時間に1回の授乳は本当に大変ですね。
 
私のようにほぼ100%ミルク育児の家庭にはママを助けるためにもウォーターサーバーはおすすめですし、夜中のミルク作りはパパでも簡単にできます。
 
赤ちゃんの健康にも良いし、育児を大きくサポートしてくれます。
 
ショッピングモールに行ったら、ベビー用品を買いに行くついでにいつも素通りだったウォーターサーバーの資料をもらいに行ってみては‼️