お子様が幼稚園、小学生になり在宅ワークがしたい人!ベビー用品せどりをしたい人!ベビー用品をヤフーオークション(ヤフオク!)で売る方法

このサイトはスマートフォン(スマホ)でご自宅にあるベビー用品をヤフーオークション(以下 ヤフオク!)で売る方法をまとめました。パソコンでもできますが、このサイトはスマホのアプリの使って説明します。

このサイトを見れば、初心者の人でもヤフオク!で出品できるようになります。
また売り慣れてきたらリサイクルショップで仕入れを行い、主婦の方は在宅ワークに、本業がある人は副業にすることも可能です。

私たちが販売者になろう!!
ベビー用品を処分するときは買取業者に頼むととても楽ですし、粗大ゴミ代を払うなら少しでもお金になれば良いと考える人がほとんどです。
買取業者の買取価格は「仕入れ値」ですので、とても安くなってしまいます。

例えばリサイクルショップで5000円で売っているものがあったとします。
買取価格は良くても1000円、安いお店だと50円、100円になります。

買取価格というのはリサイクルショップが販売価格の相場から勝手に決めているもので、とくに相場は決まっていません。
家や車を売ってもそう!お店によってまったく違うのです。

ヤフオク!なら私たちが販売者です!粗大ゴミ代で500円払うはずだった自宅の不用品が5000円で売ることができるようになります。

《なぜヤフオク!なの?》
不思議なことに同じ商品なのに市場によって、まったく売れるものが違います。
中古のベビー用品を売る場合はヤフオク!がダントツでおすすめです。
中古の大型ベビー用品の場合では、一番の経費は送料が高いことです。

現在、中古品を売る市場で良いのはアマゾン、ヤフオク!、メルカリですが、アマゾンとメルカリに関しては送料無料で販売しないと売れずらい市場になっています。

ということはこちらで送料を負担しなければならないので、せっかく売れても北海道や沖縄県など送料が高い場所では利益がまったく出ないことがあります。

さらにアマゾンで出品する場合はFBAにすると保管料とアマゾンの倉庫に送る送料が加えてかかります。

ヤフオク!の場合は送料が落札者負担でも売れますし、自宅保管のため経費が少なくて済むため利益が高くなります。

しかし、ヤフオク!でおもちゃやベビー用品を売る場合、新品商品を出品してもなかなか売れません。
ゆくゆく仕入れをする場合は
中古商品はヤフオク!。
新品商品を売るならアマゾンが良いでしょう。

《なぜ中古ベビー用品なの?》
私は副業で国内や平行輸入品のゲーム、おもちゃ、ベビー用品などをネットやリサイクルショップなどで安く購入し、ヤフオク!やアマゾンで転売しています。
様々な商品の中でも、1つの商品の利益率が高い商品が中古のベビー用品をヤフオク!で売ることでした。

・ベビー用品は数年しか使わないので、状態が良いものが多い
・使用期間が短いので中古の需要がある

例えば、あるリサイクルショップで1280円の中古品を見つけました。
商品名はレインフォレスト ジャンパルーです。↓↓↓

ヤフオク!のアプリでいくらで落札されているか調べると
5000円から7000円で落札されています。↓↓↓

この商品が相場の真ん中6000円で落札された場合
落札価格6000円ー販売手数料8.64%=5991円
仕入れ代1280円を引くと利益は4711円になります。
利益率は4711÷6000円×100%=78.5%
なんと利益率78.5%です!
 日本育児のスマートゲイトというベビーゲートを100円で仕入れて5800円で売ったこともあります。
利益率98%です!

通常の新品商品でせどりをすると良くても利益率は20%くらいなので、とても効率が良いことがわかります。

 

1.ヤフオク!を始めるために必要なもの

①ヤフオク!(ヤフーオークション)の登録
ヤフオク!の利用は
Yahoo!JAPANのIDを取得し、Yahoo!プレミアム会員に登録します。

ヤフオク!の会員登録はこちらから
https://account.edit.yahoo.co.jp/registration

・ヤフオク!利用料金
Yahoo!プレミアム会員 月額462円
 ・販売手数料
入札、落札、出品取消 : 無料
落札価格625円以上   落札価格の8.64%
落札価格が624円以下  54円

月額料金が462円かかってしまいますが、元はすぐに取れると思います。この値段でお店が出せると思えば安いです。

②ヤフー!ウォレットの登録
ヤフオク!の会員になったらヤフー!ウォレットでクレジットカードや銀行口座を登録します。登録すると自動で会員費や落札手数料の引き落としや落札された売上を振り込んでもらえます。

③ヤフオク!アプリをダウンロードする。
あらかじめアプリをダウンロードしましょう。
ヤフオク!アプリは無料です。

④準備するもの
子供服とベビー用品全般を売れて包装するのに最低限必要なものになります。
初めは出品しても売れるまで時間がかかることがあります。
最初から全てを揃えずに必要になってから買いましょう。

テープ
封筒
OPP
プチプチ
ダンボールロール

 

2.出品する商品の準備

それでは実際に出品をしてみたいと思います。
例として、ベビーゲートを出品します。
出品の流れは、出品する商品の写真を撮り、出品する商品の情報をメモします。
準備ができたらヤフオク!アプリに入力します。

出品の流れ
2.1 商品の写真を撮る
2.2 商品情報をメモに書く

2.1 商品の写真を撮る。

まずはアプリに使用する写真を撮ります。
1商品につき10枚まで登録ができるので、中古品を出品するときは状態が
できるだけわかるようにします。
商品の写真↓↓↓



このように本体だけでなく付属品と一緒の写真があると売れやすくなります。
このベビーゲートは状態がとても良いので写真は3枚撮りました。

例えば、もし汚れやキズがある商品の場合は状態が明確にわかる写真を撮りましょう。
細かい状態がわかる写真↓↓↓

2.2 商品の詳細などをメモする

それでは、出品する時に必要な商品の情報をメモに書いていきます。
写真を撮りながらメモをすると、アプリで出品する時に作業時間が早く楽になります。

最低でも以下の項目はあると良いです。

①商品名
②使用年齢、使用サイズ
③商品の状態
④発送する時の商品のサイズ

①商品名
「日本育児 ベビーゲート とおせんぼ」
メーカー名や商品名などをメモしておきます。

②使用年齢、使用サイズ
2歳頃まで
XL(190cm~270cm)
説明書が無くて詳細が調べられないときは、インターネットで「とおせんぼ 使用年齢」又は「とおせんぼ 説明書」などと検索すると商品の詳細は簡単に調べることができます。

③商品の状態
使用感は少ない
目立つ汚れなし
この商品は使用感が少なく、目立つ汚れはない商品です。

④発送する時の商品のサイズ
たて+よこ+高さ=156cmでしたので、送料は「サイズ160」になります。

3.出品の流れ

これからあらかじめメモした商品をアプリで出品します。
それではアプリを起動しましょう。

3.1 出品をタップする。

アプリを起動したら右下にある『出品』をタップします。

3.2 オークション出品をタップする。

次は右上にある『オークション出品』のマークをタップします。

3.3 写真を追加をする

まずは右上の『カメラマーク』をタップします。↓↓↓

次に『アルバムから選択』をタップします。↓↓↓
今回はさきほど撮った3枚の写真を選択します。
写真が選択できたら『決定』すると完了です。
アプリ内で写真を編集したりMAINの写真を変えられます。

3.4 商品名

次に写真のすぐ下にある『商品名』をタップし入力します。↓↓↓
今回は『日本育児 ベビーゲート とおせんぼ XL 190cm〜270cm』と入力しました。
このように商品名は商品の検索にヒットするように単語をいくつか入れます。

3.5 カテゴリ

カテゴリは『ベビー用品 → セーフティグッズ → ベビーフェンス』と選択しました。しかしカテゴリに関してはあまりこだわる必要はありません。ほとんどの人は「とおせんぼ XL」「日本育児 ベビーゲート」、洋服なら「GAP 100cm」「ブランド服 サイズ80cm」など商品検索はこのような関連ワードで調べますので、『3.4 商品名』で細かく入力します。

3.6 商品の状態

商品の状態』をタップし画面を切り替えます。↓↓↓

次に『中古』にチェックをして
返品を受け付ける』にはチェックしないようにします。↓↓↓

3.7 商品の説明

このページはとても重要ですので、できるだけ詳しく書きましょう。
メモを取った情報をこの説明文に打っていきます。

商品名
使用年齢
使用サイズ
商品の状態
発送する時の商品のサイズ

私は読みやすいように、過剰書きでできるだけ文章を少なくしています。
今回は状態の良い商品のため、これしか書きませんでしたが、汚れなど状態がよくないときは必ず書くとトラブルが無くなります。

例 小さいですが、汚れがあります(写真を参照)ので必ず確認してから入札してください。
など

また商品の状態は新品や中古品と書きますが、他の商品で箱は開けてしまったけど、一度も使っていないものは『未使用品』と売りましょう。

説明文の例 ↓↓↓

3.8 個数

個数はたいていは1個だと思います。打ち間違えるとトラブルの原因になりますので気をつけましょう。
複数個の選択は新品商品で同じ商品を売る場合に役立ちます。

3.9 配送方法

次は配送方法についてです。
配送方法はいくつか選択することができます。
落札者があらかじめ送料を調べることができるので間違えないように設定します。↓↓↓

①送料負担
『送料負担』を選択して『落札された後に送料を連絡する』にチェックします。↓↓↓

送料負担』を選択しますします
落札された後に送料を連絡する』にチェックします

※『出品者が送料を負担』にすると商品画面に送料無料と表示されます。
今まで落札者が送料負担するか送料無料かどちらが売れやすいか試しましたが、ヤフオク!の場合はあまり変わりませんでした。
離島、沖縄県や北海道の送料は極端に高いので赤字になってしまっては意味がありません。
私はいつも『落札者負担』にしています。

落札された後に送料を連絡する』にチェックしておくと、商品が落札され、落札者と取引連絡をするときに梱包をしてから送料をもう一度調べることができます。

送料を決めてから出品する』を選択すると、落札者は落札された後に振り込みまで完了することができます。
私のように何百個も出品している場合、落札後に検品したら商品の不具合があることが発覚することがあります。この場合は当然落札されても売ることができません。こちらから『落札されてから送料を連絡する』にしておくと、こちらが送料を連絡しなければ入金されないので、入金する前に落札者に謝罪することができます。さらに返金する手間がなくなります。

配送方法
配送方法を選択すると落札者が送料を調べることができるようになりますので間違えないように選択しましょう。

3.10 終了する日時

私はいつも3日後のの夕方から23時頃に設定しています。

自分がヤフオク!で買うときはなるべく終了日時が早いと嬉しくないですか?経験上、終了日時が長いと売れるものが売れなくなります。出品終了の1日前頃から入札されることが多いですが、自分の商品を探してもらう時間も必要です。

3.11 価格

今回は落札相場から開始価格を5000円にしました。
販売価格は『相場価格を調べる』をタップして落札相場を見て決めましょう。
落札相場が出ないときは直接キーワード検索で調べることができます。↓↓↓


直接キーワードで検索して落札相場を直接調べる方法
↓↓↓

メニュー左から2番目の『検索』をタップして、検索ワードを入力すると落差相場を調べることができます。
キーワードを入力します。↓↓↓
キーワードは『ベビーゲート とおせんぼ XL』で検索しました。
『ベビーゲート とおせんぼ XL』の落札相場の結果↓↓↓

写真から『ベビーゲート とおせんぼ XL』の落札相場は
4000円~6000円ということが見てわかります。
3000円でスタートをすれば1日で入札が入りそうですね。
7000円では売れるのに1年かかる可能性があります。
落札相場の範囲内であれば売れるので、無理して安売りはしないで必ず落札相場を調べましょう。

補足
1円でスタートをしているオークションをよく見ると思います。
入札は必ず入ると思いますが、大損をする可能性があるので、私はオススメしません。もし5000円で売れるものが300円で終わってしまったら…物販はタイミングによって売値が変わることがあります。

3.12 商品の登録情報

名前、住所、電話番号を登録します。
販売者情報ですので正しく登録しましょう。
商品が落札されるまでは個人情報は表示されないので心配いりません。

3.13 オプション設定

無料で使用可能なオプションをチェックします。
『自動再出品』は好みで利用しましょう。
個人の出品の場合は無料のオプションだけで十分だと思います。
私は有料のオプションは使用したことがありません。

 

3.14 出品完了

全ての入力が終わったら一番下のオレンジ色のマーク『ガイドラインと上記規約に同意して出品する』をタップすると出品完了です。

 

↓↓↓お疲れ様でした。最初は大変ですが慣れてくるととても簡単ですので、いっぱい出品しましょう。
入札されると本当にうれしいですし、一度出品してしまえばあとは売れるのを待つだけです!!